着色直径って何?実は知らない人が多いカラコン用語

Pocket

カラコンを探そうと通販サイトや店舗を見てみると「着色直径」という単語をよく目にするのではないでしょうか?カラコンは使っているものの、実際に「着色直径って何?」と聞かれると答えられない人って多いですよね。実は着色直径ってカラコンを選ぶ中で重要な役割を果たしているってご存知でしたか?着色直径の意味についてご紹介していきますね。

え?そこのことなの?意外な着色直径の部分

「直径」というくらいだから、カラコン全体のことを言っているのだと思っている方はとても多いです。ですがそれは大きな間違い。カラコン全体の大きさのことを言うのは「DIA」という単語で表します。着色直径と同様に通販サイトなどで目にしたことがある方は多いのではないでしょうか?実は着色直径ってカラコンの色が入っている部分のみのことを言います。カラコンって縁の周りにあるクリアな部分がありますよね。着色直径ではその部分は図りません。そのため、人によっては「思ったよりも狭い範囲で驚いた」なんて方も。DIAが大きくても「思ったよりもこのカラコン小さいな」と感じてしまうのはこれが原因です。クリア部分が広かったリすると、DIAは大きくても着色直径の部分は狭かったりするので注意が必要です。

デカ目効果を期待したいのであれば着色直径で確認

着色直径がカラコンの中でどの部分を指すかはご理解いただけたでしょうか?そう、着色された部分だけです。ということは、カラコンによって黒目を大きくしたいという方であればカラコン全体を表すDIAではなくて着色直径を見てカラコンを選ぶ必要がありますね。とは言っても、カラコンによっては箱に着色直径が記載されていないものもあります。その場合は公式ホームページや通販サイトをチェックすれば記載されていることが多いので、是非チェックしてみてくださいね。まずは自分好みの着色直径を見つけておくと、その後のカラコン選びもぐっと楽になりますのでおすすめですよ。

基礎知識

口コミ・評判